クッション言葉

感謝を伝えるときの言葉遣いは注意が必要です。使い慣れない言い回しをすると、ぎこちなく、聞いている側からすると実に滑稽になります。これも訓練です。慣れた人の言葉の言い回しは実に流暢です。同じことを言っていても、一味付いた表現をしているはずです。クッション言葉を上手く使っています。 

クッション言葉とは、本来伝えたい事柄に一言を添えることにより、丁寧で理解しやすい内容になり、受け手の印象も変わる言葉のこと。お礼や謝罪など、ビジネスでは活躍する言葉です。

当然、文書やメールでも使え、コミュニケーションを円滑にもします。単に、「ありがとうございます」とか「感謝しています」とだけ言うのではなく、たとえば、「いつも親身になっての対応、ありがとうございます」「○○様のご尽力があってこその成果と、感謝しております」などのように使います。自分の「ことば」で表現です。

何に、どのようになどを意思表示ができますから、相手に伝わりやすく印象にも残ります。同じありがとうにも重みが増します。このクッション言葉、相手に応じて、礼を弁えた使い方が必要です。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61165648

この記事へのトラックバック一覧です: クッション言葉:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ