マイナスの想いが出そうな時は一呼吸置いて切り替えを!

「忙しい、やりたくない、達成できそうにない、こんな仕事嫌だ、どうせできない、つらい、どうでもいい、もうだめだ」などというマイナス志向になったりはしませんか、あるいは周りそういう人はいませんか。

人間ですから、時にはこういった気持ちになることもあるでしょうが、このような想いを常に持っている人は、どんどんマイナスの方向に向かっています。自分をだめにしてしまいます。「病は気から」ということわざがあるように、時には本当の病気になることもありえます。

マイナスの想いが出そうになったときは、一呼吸置いて、意識して、プラスの想いに切り替える努力をします。

「やってみよう、きっとできる、がんばろう、ありがとう、こうしてみよう、まだ大丈夫」などのようなプラスの想いからは、自信とやる気が生まれます。

同じ状況でも、心の持ち方一つです。きっと気持ちも高まり、心も身体も健康になるはずです。特に経営者や管理者(指導者)などの立場にある人は、自身のことのみならず、部下のモチベーション管理も業務のうちです。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61187518

この記事へのトラックバック一覧です: マイナスの想いが出そうな時は一呼吸置いて切り替えを!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ