どんなに技術力が高くても

当然のことですが、人は生きていくためには、糧(かて)が必要です。そのためには仕事をしなくてはいけません。

仕事を行うためには技術を身に付けることは重要ですが、高い技術力があればいいだろうという考えだけでは通用しません。「勉強すれば、資格を取得すれば・・・」何とかなるだろうと思うことが多く有ります。

しかし、いくらレベルの高い技術を身に付けたとしても、周りが認めてくれてこそ技術が生きます。

活用(利用)して頂けるユーザの存在は重要です。

かつて、“お客様は神様です。”というフレーズの言葉が流行りました。その通りかも知れませんが、お客様のところに技術やサービスが届く事、目や手に触れて頂く事が出来なければ意味がありません。

例え、自分の技術に自信があっても、天狗にならないことです。

一人でできる事には限界があります。仲間や組織は大切にしましょう。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より編集』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61258238

この記事へのトラックバック一覧です: どんなに技術力が高くても:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ