仏教における結婚観と親が果たすべき役目

仏教の教えの本質は「如何に正しく生きるかを説くもので、人はみな、互いを理解して結婚し、夫の道理、妻の道理を尽くしながら家庭を形成すること」との結婚観が示されています。

結婚すれば一般的に子の誕生を願います。「親の教育は、その子が死ぬまで影響を及ぼす大事なものである」とされています。つまり、「親は子供にとって最初の師であり生涯の先生である」ともいいます。

特に、親が教える道徳は、子供にとって一生役に立つ貴重な宝物になります。

「親は子に人格を形成する材料を与えるとともに、子の成長に伴い親も成長し、一番身近な先生に成長することになるのです」と説いています。

つまり、結婚や出産、子育ては、命を次世代に繋ぎ、親子ともに成長する大切なことなのです。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ