説話(親の役目・子の役目)

親と子が互いに幸福に生きるためには、親子の関係を正しく護る必要があります。『六法礼経』Singâlovâda suttaという経典には、親と子がそれぞれ果たすべき役目が具体的に述べられています。

子供に対する親の役目は、「悪い行為をしない人間に育てる。善い行為をする人間に育てる。教育を受けさせる。

相応しい結婚相手を見つける。財産を譲り、自分は身を引く。」

親に対する子供の役目は、「両親の仕事や義務、用事をバトンタッチする。家のしきたりや習慣を守る。

両親から受け継いだ財産を無駄にせず、きちんと管理する。両親を養う。両親が亡くなったら供養する。」

以上のことを親と子がそれぞれ実践するなら、親子の関係でトラブルが起こることはない、とお釈迦さまは説かれています。全てが実行可能とは想いませんが、少しでも、いくつかでも、まず意識して、出来ることから行なう心構えが大切です。

Reference:「アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ出身の僧侶)講義資料より抜粋し編集」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ