説話:ブッダの育児論(親が教える道徳)

親は自分の子に、“他人に協力していただくことは簡単なことではない”ということの道徳をきちんと教えるべきです。所謂「わがまま」な人にしないことで家庭での教育の第一歩です。きちんと躾けられていない場合はコミュニケーションが取れません。

親が教える道徳は大切で、子供にとって一生役に立つ『貴重な宝物』になります。

親の一番大切な仕事とは、子供に道徳を教えることで、独り立ちできる人格を形成することです。

親が教える道徳は一生の宝物 です。

Reference:「アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ出身の僧侶)講義資料より抜粋し編集」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ