説話:人が為すべきこと(当たり前の社会生活をするには)

人が社会で生きるためには、勉強をして技術を習うだけでは足りないものがあります。

道徳を身に付けなければなりません。他を害さないとか、人の物を盗まないとか、嘘をつかないとか、約束を守るなどは基本中の基本で、さまざまな道徳があります。

学校で教えてくれるだろうという考えは持たないことです。道徳を子供に教育するのは親の役目です。

及び、いくら勉強ができても道徳が身に付いていなければ、当たり前の社会生活ができないと思うことです。

Reference:「アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ出身の僧侶)講義資料より抜粋し編集」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ