花祭り(はなまつり)

4月8日は花まつり(お釈迦様の誕生日)です。

約2600年位前、ヒマラヤのふもとに釈迦族が住む国があり、国王の妃はある夜空から白い象が降りてきてお腹に入るという夢を見ました。「世界中の人々を救う王子が生まれる」という懐妊を知らせるおつげの夢だったのです。

出産のための里帰りの途中ルンビニー(現ネパール)にさしかかった時、産気づきお釈迦さまが誕生されたのです。お釈迦さまを、梵天と帝釈天の二人が受け止め、甘露水を注いで清めたのです。突然ハスの花が咲き、その上にお釈迦さまが立たれると7歩歩いて立ち止まり、右手を天に向け、左手を大地に向け、「天上天下唯我独尊」と言われたようです。これがお釈迦さま誕生の伝説です。

この様子にちなんで花御堂の中にお釈迦さまの仏像を置き、甘茶をかける法要(降誕会などというお祝い)のことを花まつりといいます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ