「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第16回)は、“仕事も勉強もまずは「好き」にならねば長続きしない”です。

「江戸いろはかるた」のなかに、門前の小僧、習わぬ経を読むということわざがあります。

「お寺の近くに住んでいる子供たちは、寺の境内で遊ぶことが多く、習ってもいないお経が耳に入り、自然に唱えるようになった」とか、「寺に弟子入りした小僧は、門前の掃き掃除などをしながら毎日、和尚の唱えるお経を聞いているうちに、お経を口真似で唱えることができるようになった」などとの意味に解釈されています。つづきは、 http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61422521

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第16回)は、“仕事も勉強もまずは「好き」にならねば長続きしない”です。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ