「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第18回)は、IT界でもお馴染みの「開発」という言葉の意味合いとその本質です。

「開発」という表現は、古くは「新田開発」などのように人の手が入っていない原野などの未開地を新しく開墾したり、山地などを切り開いて整備を行ったり、天然資源をとり出したり、産業を起こしたりするなどの意味合いがあります。やがて、新たな技術や知識を開いたり、導いたりすることで、公益性があり、かつ生活に役立つようにする行為として使われたのが始まりです。明治時代以降には、それがより大々的に、「国土開発・電力開発・産業開発・資源開発・技術開発」などのように重々しく、時には極めて政治的な国家プロジェクトに対して開発という言葉が使われ始め一世を風靡しました。戦後の高度経済成長期においては、幸福の代名詞として使用された表現です。

つづきは、 http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61563188

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第18回)は、IT界でもお馴染みの「開発」という言葉の意味合いとその本質です。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ