能力ある人が力を発揮できる組織

「使いものにならない大将は敵より怖い」という言葉があります。

年功序列中心で男社会の文化が長く続いてきた影響もあるのか、年齢や男女問わず平等に見て能力のある人が指導力を発揮できる組織づくりをするのが当たり前だとの感覚がまだまだ低い日本社会、掛け声だけで実態が伴っているかどうかです。

これは教育にも問題がありそうです。

現在、教育の改革が進められ、さまざまな提言がなされています。政治や大人の都合にならない改革が必要です。

とりわけ子供の頃の基礎教育は重要です。人の成長の節は固定ではなく多くの可能性を秘めています。周りの環境や教育などにより変化します。可能性の節を見つけて伸ばすことも、新たな節を持つことも可能です。本人の努力のみならず、周囲からのサポートも大切です。合掌

出典:東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より抜粋し編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ