「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、第19回は、「アイコンタクトが苦手なのは日本人古来のDNAか?」です。

運動会の開催時期といえば「秋でしょ!」というのは昔の話です。

暑い時期に運動会の練習を行うことは熱中症の問題があり、加えて秋は行事が多く、受験も近づいてくる時期でもあることから、春に運動会を行う学校が増えています。

運動会や発表会などで我が子の活躍をビデオカメラなどで撮る親の姿は現代では一般的。子供たちも親の前ではがんばります。

この場合、かけっこでゴールしたとき真っ先に子供の目線はどこに行くかといいますと、おそらく、親の顔(眼)でしょう。しかし、親の顔を見ようとしたら、レンズだった、という場合の子供の表情はどうでしょうか。つづきは、 http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61606507

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、第19回は、「アイコンタクトが苦手なのは日本人古来のDNAか?」です。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ