説話:首を挿げ替える

この表現、平時の時にはあまり登場しない言葉です。「重要な役職に就いている人を入れ替える」とか「役職にある人を更迭し別の人に任せる」などの意味合いがあります。

「仕事の業績が良くないので部門責任者を入れ替えて建て直しをしよう」とか「特定して何かが悪いというわけでもないが、より発展させるための手段として責任者を交代させよう」などの目的を持って行うことが企業(組織)では多々あります。ただし、こうしたことは圧倒的多数である中小の企業(組織)では易々とはできません。スペアを豊富に抱えた大手企業(組織)ならではの対応で、それでも、新しく挿げ替える首は大丈夫か、同じことにならないか、今ある首は誰が挿げたのか、ステークホルダーの了解は得られるのか、などなど慎重に検討して行うことが必要です。

何のために、誰のために、どうするのが最善か、良識ある判断が必要です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ