「あたりまえ」に慣れていた

“言いたかないが、なんでこの歳で! 若いときは戦争で、今度は放射能かい!!”

暖かいご飯が食べられること。柔らかい布団で眠れること。安心して水が飲めること。安全な食べ物が手に入ること。家があること。家族がいて友達がいること。・・・・・

日々の生活が突然変わったとき、何か大切なものが急になくなったとき、あたりまえだったことがなくなったとき、あたりまえだったことがありがたい。

・一日一度は静かに座って呼吸を調え、心と身体を労わろう。

・よく聞き、反省、感謝、報恩の心を忘れず実行しよう。

・周りへ感謝し、ふれ合うことの幸せを感じよう。

・日々向上することに努め、頭と額に汗して働くことを喜びとしよう。

・生かされて生きていることに感謝し、日々暮らそう。

さあ、気を取り直して・・・

2011年3月の震災後に言った、福島に住む義母の言葉です。

最近では、「異常気象に噴火や地震、これは自然からの警告かなー。」とも。

現在91歳、至って健康、ありがたい。

eお坊さんねっと 説話集より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61677200

この記事へのトラックバック一覧です: 「あたりまえ」に慣れていた:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ