説話:「桃栗3年、柿8年」

「桃栗3年、柿8年、梅はスイスイ13年、梨はゆるゆる15年、柚(ゆず)の大バカ18年、ミカンのマヌケは20年」。

これは決して果物を悪くいっているわけではありません。

昔から「桃や栗なら3年で、柿は8年で実がなり始める」ということです。果物に限らず、本来自然のままに生まれ育っていく限り、動物も植物も、そのものの一生は全て生まれた時に定まっています。果たして人間は?

人それぞれで、人の人生は自分の心次第で、どのようにでも変化させられるはずです。

挿し木や接ぎ木もできません。自身が自分の力で育てていかねばならないのです。

悔いのない人生を歩きましょう。

「人の人生、心次第!!」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ