位牌

葬儀のときは「白木位牌」を、仏壇に祀るときは「本位牌」が使われます。これは近年になってから定着した習慣です。白木は手垢や汚れがつきやすく使いまわしができません。このことから「清浄無垢」という意味のほかにも「あなただけのためのものですよ」とか「一度きりのものです」という意味があり、お祝い事や仏事に使われてきました。その習慣から、お亡くなりになったばかりの方のために使用する祭壇や位牌は白木を使用するようになったといわれています。

四十九日(中陰)を過ぎると忌明けとなり本位牌に変えます。本位牌の場合は夫婦連名にするケースもあります。

また、繰出位牌(くりだしいはい)といって、ひとつの位牌に戒名を複数(7~8枚)書かれた板を入れるタイプのものもあります。

四十九日には、白木と本位牌両方準備し、白木の位牌は魂抜きを、本位牌は魂入れをします。

なお、浄土真宗では位牌をお祀りせず過去帳に法名や没年月日等を記入しますが、地域の風習や先祖代々の習慣から位牌を使用する家もあります。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ