「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、第20回は「一心(いっしん)」という言葉をもとに、心の持ち方を考えてみます。

「一心(いっしん)」は、一般的には心を一つとか、心を集中させるなどという意味ですが、単独ではあまり使われず、他の言葉と組み合わさって使われます。 代表的なものを下記にあげます。

 一心不乱(いっしんふらん):心を一つの事に集中して他の事に気をとられず、自らの信念に基づいて懸命に努力する。

 一心同体(いっしんどうたい):複数の人が心を一つにして行動することで、心も体も一つの人間であるかのように強い絆を持つ。

 虚仮(こけ)の一心:思慮が浅い者でも信念をもって行なうことにより、目的を達成できたり優れた結果を生み出すことが出来る。(「虚仮の一念」とも言います)

このように、気も心も集中して物事に当たるという様子を表すときに使います。

つづきは、 http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61735197

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、第20回は「一心(いっしん)」という言葉をもとに、心の持ち方を考えてみます。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ