“経営”は,筋道を通し行動すること

「筋を通した生き方」という表現があります。

この有り様(よう)を仏教では、「己(自分自身)の人間経営」としています。

とは「筋道(道理)を通すこと」であり、は、それを「行動に現す」こと、これが仏教的な教えで、経営という言葉は仏教用語です。

教育(寺の修行)ではこれらのことを「布」に例えて、経は織物でいえば縦糸のことで、縦に筋がしっかり通っている様子(正しい筋道、正しい道理)を示していて、営は横糸で、自由奔放(じゆうほんぽう)に動く様子のことをいいます。

縦糸がしっかり通っているからこそ横糸は動けるもの。縦に筋が通っているといっても、命令系統というという意味ではなく、「一貫して筋道が通ってぶれることのない状態である」と解説しています。

出典:東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より抜粋し編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61758280

この記事へのトラックバック一覧です: “経営”は,筋道を通し行動すること:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ