興味や関心を持つことで上達が速くなる

禅寺で修行している時、こんなことを言われたことがあります。

お経は心で覚えなさい。心が覚えたことは一生忘れない。

頭は「意識して考えるところ」で、心は「無意識で感じたり、思ったり、しまったりするところ」である。

これができればやがて、お経を唱えながら別のことを考えることができるようにもなるというのです。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあります。興味や関心を持つことで、覚えや上達が速くなることは確かでしょう。無理強いして、“やれやれ”とけしかけても効果は生まれないのです。

やる気にさせるには、興味や関心を持たせることです。

「自発的」が大切です。

出典:東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より抜粋し編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ