「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第22回)は、一般的によく使う「有象無象(うぞうむぞう)」という言葉についてです。

有象無象の「象」は、「かたち」のことで、形の有るものと無いもの、すなわち、ありとあらゆるものを指します。このことわざの一般的な解釈は、「数は多いが種々雑多なもの、ろくでもないものなど」となっており、使い方は要注意です。

しかし、由来はお釈迦さまが使った「有相無相」(うそうむそう)という仏教用語で「形の有るもの無いものすべてのあらゆる存在」。つまり、森羅万象(しんらばんしょう)を意味しており、本来は悪い意味ではなかったのですが、いつの間にか「相」が「象」に変わり、意味合いもおおぜいの者、烏合(うごう)の衆などという使われ方になったのです。

つづきは、http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61876362

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第22回)は、一般的によく使う「有象無象(うぞうむぞう)」という言葉についてです。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ