人と人の出逢い

我逢人(がほうじん)』、「我(われ)、人と逢うなり」、人と人が出逢う尊さを表した言葉です。

「出会う」と「出逢う」は、それぞれの表現や解釈もあるようですが、ここでは出逢うを使います。

誰もが、誕生すると親に出逢い、家族に出逢い、やがて出逢いの輪が広がり、人生は出逢いの連続です。

この「我逢人」の三文字は、道元禅師(どうげんぜんじ=鎌倉時代の禅僧)が、修行で中国(宋)に渡り、如浄(にょじょう)禅師と対面を果たし、「ようやく真の師匠に逢えた」という喜びを得た様子を、まのあたり先師をみる、これ人に逢ふなりと表現した言葉です。

この場合の出逢いは、人生における師匠とめぐり逢えることができた、何事にも代えられない喜びの出逢いです。

このように想う人にめぐり合えることは幸せです。

如浄禅師は、世俗の権力を徹底的に遠ざけ、世俗的な名誉を求めず、真の坐禅修行を説いた禅者とされています。

出典:東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より抜粋し編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61911791

この記事へのトラックバック一覧です: 人と人の出逢い:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ