「出会い」と「出逢い」

“であい”を言い表した言葉で一般によく知られているものに、「一期一会(いちごいちえ)」という言葉があります。一期は人の一生涯、一会は一回限りの人との「出会い」の機会のことで、「今日(きょう)の出会いは人生で一度きりのものであり、お互いに大切にしなければならない」という意味があります。この言葉は茶道でも用いられていて、「茶会に臨む際には、その機会は一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」の意があり、お互い真剣勝負の出会いという意味合いになります。

一方人生は、人が人と「出逢う」ことから始まるといいます。この場合は、「出逢い」です。人は自分と違う領域を持っていて出逢いはお互いを成長させてくれる。自分一人で考えて行動するには限界もあり分からないことがたくさん出てくる。出逢いにより救われることもあり、人生が大きく変化することもある。人との出逢いがすべての始まりであるが、誰と出逢うかではなく、出逢いそのものの尊さや有り難さを想う事である――

いずれも、“であい”を大切にですが、その後がより重要です。

出典:東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」より抜粋し編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61920067

この記事へのトラックバック一覧です: 「出会い」と「出逢い」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ