ITノーティス:レビュー計画の明示

仕事を行うには計画書を策定し工程表を作成します。工程表のない仕事はありえません。且つ、工程表にはレビュー計画を明示します。レビュー実施、承認完了(指摘の対策含む)が、該当分工程終了であることを徹底します。レビューも承認も終わっていない状態で完了しましたなどという報告には注意が必要です。

レビューは、必ず相手が必要です。相手には相手の予定があります。日程調整がきちんとされていない場合の大方のプロジェクトでは工程の後半ギリギリの時点にレビューが集中(再レビュー含む)し、担当者からの報告は“作成はしたがレビュー未完です”ということになります。

こういったことを回避するためにも計画段階での日程調整が重要です(工程設計です)。

レビューでは報告を鵜呑みにするのではなく、現物確認が基本です。

これらは、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネジャーの責任と権限で行います。

責任者がころころ変わるプロジェクトで成功した例はありません。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61958101

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:レビュー計画の明示:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ