餓鬼 (がき)

「あの子は餓鬼大将だ」、「まだ餓鬼のくせして、生意気な奴だ」などと、もっぱらいたずら盛りの子どもたちをののしっていう場合に、「餓鬼」を使います。

しかし、元来「餓鬼」というのは、生前の罪のむくいで、餓鬼道におちた亡者のことです。餓鬼道とは、仏教で説く六道、あるいは三悪道の一つで、ここに落ちた者は、不浄のところにおり、常に飢えと渇きに苦しみます。しきりに水や食物を欲しがるが腹ばかりふくれあがり、のどは針のように細く、物を飲み食いしようとするたびに、その水や食物は濃い血膿や炎と化してのどに通らない。まことに悲惨きわまる、やせひからびた姿として描かれることが多くあります。

餓鬼には「無財餓鬼」と「有財餓鬼」との区別があります。前者は常に物を欲しがる類で、後者はあり余るほど豊かな金品に恵まれながら、けちんぼで一層欲心をつのらせ、そのためにかえって苦しむ類です。

子どもを「餓鬼」と呼ぶのは、無財餓鬼の性格から来たものでしょう。

お寺で行われる法会の一つに「:施餓鬼会(せがきえ)」というのがあります。これは、飢えに苦しむ生類や弔う者もいない死者の霊に、飲食物を施し供養するためのものです。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ