説話:焼香の作法( 座礼の場合)

焼香には、一人一人祭壇に進んで行う立礼での焼香、座礼での焼香、自席で行う回し焼香があります。宗派によっても焼香の回数や線香の本数など多少の違いがありますが、特に指示が無い場合には1回、1本が無難です。

1.自分の順番が来たら、中腰で静かに祭壇の手前まで進みます。
2.祭壇の横の喪主遺族に挨拶し、祭壇に向きを変えます。
3.遺影を正視した後一礼して、ひざでにじるように焼香席につきます。
4.香を右手の親指、人指し指、中指でつまみ額の高さにいただき香炉へ香をいれます。(焼香は宗派により回数が違いますが、13回行います)

5.焼香が済んだ後、合掌します。
6.遺族に一礼し自席に戻ります。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ