人は貴重な財産

「有相無相(うそうむそう)」という言葉があります。現代では一般的に有象無象と表現されることが多く、異なった解釈がされています。

“有象無象”の一般的な解釈は、「数は多いが種々雑多なもの、ろくでもないものなど」となっています。

本来の語源は、お釈迦さまが使った「有相無相」(うそうむそう)という仏教用語で、「形の有るもの無いものすべてのあらゆる存在」、つまり森羅万象(しんらばんしょう)を意味しており、本来は悪い意味ではなかったのですが、いつの間にか「相」が「象」に変わり、意味合いもおおぜいの者、烏合(うごう)の衆などという使われ方になったのです。

世の中(会社、組織など)は人の集合で成り立っています。企業等、組織においてのマネージャーの役目の一つに「人を如何に上手く活用するか」があります。役に立っているか立っていないかを見る前に、「役に立たせているか」を考える必要があります。

 こんな魔法のことばがあります。 「人はみんな貴重な財産。この世に役に立たない人間はいない。」です。

信頼と期待が組織を強くします。

『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62091433

この記事へのトラックバック一覧です: 人は貴重な財産:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ