ITノーティス:顧客がベンダーに期待すること

IT企業の経営者から“プロジェクトが赤字になるのはプロジェクト管理が出来ていないからだ”、プロジェクト管理力を向上させるために「プロジェクトマネジメントに関する教育を受講させたり、仕組みを導入したり、資格の取得をさせたりしている」という話をよく聞きます。

確かにそれらは必要で重要なことですが、それらはプロジェクトを運営するための手段であり経験の少ない人にとっては勉強の効果は大きいと思いますが、本当にそれだけでしょうか。

ユーザー企業の管理者からは、“受託会社の技術者に業務を理解しているSEが少ないので同じことを何回も説明しなくてはならない”という話をよく耳にします。

顧客と同じ土俵で会話をするためには、IT企業の技術者は、IT技術のみでなくアプリケーション(顧客業務)に関する理解を深める必要があります。業務の理解度がプロジェクトの成否を左右する大きな一つになります。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62123866

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:顧客がベンダーに期待すること:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ