ITノーティス:仕事を外部へ委託する場合

外部への業務委託は企業と企業の契約事項であり、けじめを持った仕事を行なうことが基本です。

・作業範囲~条件など含めて全て契約書に明記し取り交わす。

・やり取りは文書化が必須(口頭では相手も困ります)。

・初めての取引先のアウトプットはよくチェックする。

・作業途中の監査を行なう(契約書に明示します)

どちらかというと委託者側のけじめが重要と考えます。“なあなあ”的な仕事のやり方をしているとそれが普通になり“けじめ”が失われていきます。

何か“事(こと)”が起きたときになって責任の押し付け合いにならないよう“けじめ”と“節度”を常に持って仕事に取り組み、委託者側、受託者側お互いにレベルアップです。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ