アイコンタクトの重要性

仏教にはアイコンタクトに通じる、「眼施(がんせ)」や「和顔悦色施(わげんえつじきせ)」という言葉があります。いずれも「無財の七施」というお釈迦様が説かれた教えの一つです。

眼施は優しい眼差(まなざ)しで人に接することです。温かい心は、眼を通して相手に伝わります。人は優しい眼で見つめられると安心した気持ちになります。見守られているという安心感が生まれます。多くを語る必要はありません。想い、見つめ、見守ることです。 和顔悦色施は、和顔施(わげんせ)ともいい、和やかで穏やかな顔(眼)で接することです。笑顔は相手との距離を近づけます。敵意がないと感じ、落ち着いて接することができます。近づけばお互いにより多くを知ることになります。和やかな笑顔を見ると幸せな気持ちになり、周りにも笑顔が広がります。

きちんと相手を見て接することが礼儀です。お互いの眼を通してコミュニケーションを取ることが大切です。これが「無言の所作」の一つでアイコンタクトです。

『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62208192

この記事へのトラックバック一覧です: アイコンタクトの重要性:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ