ITノーティス:部下を育てる

企業にとって従業員教育は大切なテーマです。

まず、日常の業務を通しての指導(OJT)は重要です。教育機関に丸なげする教育では自企業の実態にあっているかどうかの疑問があります。教育は“砂上の楼閣”にならないよう、IT技術に関することのみでなく実践を通し、社会人として、組織(企業)人として必要な基本のところから行なうべきでしょう。

そのためには指導者自らも自己啓発に努力することが必要です。部下が育つということは自分も押し上げられレベルアップすることに繋がります。

「教育は社外に丸なげ、行かせたのだから分かっているだろう」などと、単に部下のお尻をたたくだけでは効果は疑問です。いい企業文化を作るには手作りで部下を育てるべきです。

外部機関はいくつかの手段の一つとして、うまく活用することです。

教育は人間形成の基本です。お互いに成長しましょう。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62252327

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:部下を育てる:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ