ITノーティス:成長のキャリアパス

IT業界に限らず一般的に、プロジェクト全体の舵取りを行なうのがプロジェクトマネジャーですが、SEと云われる立場の人はプロジェクト運営についての提案(提言)を行なう役目を担う(自覚する)べきでしょう。

SEの中にはIT技術に関しては興味を示すものの、管理に関する領域については自分の本業ではないと思っている人が居て、ある程度の年齢になって(必要に迫られて)慌てて覚えようとしている人が多く居るのも現実です。しかしマネジメントは一朝一夕に身につくものでは無く、実務を通じて少しずつ身に付けていく事が多くあります。自身の経験と実績に応じて貢献度合いも変化し成長します。

キャリアパスが体系化されている企業の場合は周りを活用することです。置かれた環境は上手く活用しましょう。

しかしながら基本は本人の意識です。自分の成長のキャリアパスは自分自身で設計することです。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62277540

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:成長のキャリアパス:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ