「開発」についての認識

一般的に良く使われる「開発」という表現、各種背景(由来)や歴史を経て、現代においての認識は概ね以下です。

1)森林、荒れ地などを切り開いて人間の生活に役立つようにすること

2)天然資源を活用して産業を興すこと

3)潜在能力などを引き出し伸ばすこと

4)新しいものを考え出し実用化すること

共通認識は、「現状を向上・発展させたり、形を変化させたり、新しいものを創り上げたり、新たな仕組みや技術の研究などと幅広く、社会発展には重要な行為でイノベーションの原動力になる」ということです。

この「開発」という言葉は仏教語で「かいほつ」と読み、転用解釈では、「自然や熟練者の知識を利用して、より人間に有用なものを生み出す行為」としています。

『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62360885

この記事へのトラックバック一覧です: 「開発」についての認識:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ