「開発」は「情報」・「技術」・「人」の融合

「開発」は仏教語で「かいほつ」と読みます。その意味合いは、「諸々の開発は、存在する情報(IInformation)と、人が持つ技術や知識(TTechnology)を活用して人に有用なものを生み出すことで、これらを繋ぎ(マネジメントを行なう。ジョイントさせる。知恵を出す。)、実現する役目を担うのが人」とされています。

つまり開発とは。「人が主導する変化であり、発見や発明を洞察力と融合し発展させ、新たな社会的・経済的価値を生み出す革新(イノベーション)であるという認識が必要ということになり、社会に受け入れられ持続可能なことであるとともに、ポジティブ(良い方向)に向かうことを目標とするものである」という捉え方が一般的な考え方のようです。

このように見てみると、人は宝であり重要であるという認識はいつの時代においても同じです。

『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62368172

この記事へのトラックバック一覧です: 「開発」は「情報」・「技術」・「人」の融合:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ