「開発」は未来に向かうための大切な架け橋

人口減少に対しては数々の課題があります。「結婚・出生率減少に対する課題、地域での仕事や人的活用に関する課題および教育のあり方など。・・・」課題は多々あります。特に人に関わることは機微(センシティブ)な問題を含んでいることからも、より本質からの対応が重要です。

めまぐるしく変化する社会情勢、変化のスピードも速く何が起きるか分からない世の中ですが、ピンチはヒントの原点と捉えて前に進む心を持つことも大切です。

希望あるあした(未来)に向けて、先人や熟練者などからの智慧の継承も新鮮な知恵の活用も大切です。これらの融合による発想が新たな良いアイデアを生むかもしれません。最新技術の活用と協力によるマーケティングや研究開発などにより、新たなビジネスモデルが生まれるかもしれません。

人と人のつながり(ネットワーク)は重要です。単品(個々)ではできなくても、集まれば(複数を組み合わせる)実現できることがまだまだありそうです。これらを社会システムの開発と捉えると、諸々の「開発」は未来に向かうための大切な架け橋になります。

『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ