説話:祖先との縁(えにし)「回向(えこう)」とは

善行を後から行うことを追善といいます。また、追善供養(ついぜんくよう)を追善回向ともいいます。

ある方向へ行き向かわせる(回転趣向:かいてんしゅこう)という意味を縮めて回向といいます。

ある方向とは、「供養の想いや功徳を先祖に回(めぐ)らせ、拝んだり、お経を唱えたり、供物を献じたりす」と、「その功徳がまた転じて、自身に帰ってきて仏果菩提(ぶっかぼだい:悟り)に向かわせる」。このように、功徳が回る状態が回向です。ちなみに功徳とは「幸福をもたらす善行」です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ