説話:祖先との縁(えにし)「忌日(きにち)」

ご先祖の命日を忌日と呼びます。

かつて神は、死者を汚れとして「忌(い)む」(「きらい避ける」)ものと考えられて、吉事(きちじ)を行うことを遠ざけました。

こういった習慣と仏教が結びつき、忌日(きにち)には仏事(法要など)を行い、供養する風習が出来上がったのです。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ