説話:法要:七七日忌

一般に四十九日、大練忌(だいれんき)とも言います。守り本尊は薬師如来です。

この日をもって忌明けとします。

地域によっては五七日忌(三十五日)をもって忌明けとするところがあります。

最近では、初七日忌は葬儀にあわせて繰上げで行い、五七日忌(三十五日)又は七七日忌(四十九日忌)には人をお呼びして忌明けの法要を行うことが多いようです。

忌明けの法要が済んだ後は列席していただいた方々を、お料理などでもてなし引出物を渡す(法事)のが、一般的になっています。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ