説話:法要:百か日忌

卒哭忌(そっこくき)とも言い泣き納めの日です。

残された人たちはいつまでもメソメソしておられません。

置かれた状況や環境に一刻も早く慣れることが必要で、亡くなられた方から「しっかりせんか!!」という声が聞こえてきそうな100日目です。

守り本尊は観音菩薩(観音様)で、三十三(無限の意味)の姿に変身して私たちを見守ってくれます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ