ITノーティス:全ての仕事はオープンに

仕事は全て工程表に記載し、ビジュアル化して可視化すべきです。

工程表にない仕事を行なっている場合は何かが起こっています。

途中で変化があった場合には、工程表の改訂を行うとともに変更歴を残すことが必要です。都度、工程表に反映することが面倒だという人が居ますが、本来計画されていた仕事の段取りが変わり他作業にも影響を及ぼすことになり、結果として他のメンバーへ悪い影響を及ぼすことになりかねません。

緊急で行った場合には、事後に実績を記録して残すべきです。後々で検証や評価が必要になった場合に履歴は重要です。仕事内容はオープンにし常に調整(確認)が行えるよう一人一人が心がけるべきです。

工程表は仕事の宣言書であり、容易くころころ変えるものではありません。

度重なる変更は信頼度を低下させる要因になることを肝に命じておくべきです。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62557280

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:全ての仕事はオープンに:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ