情報セキュリティ(不正アクセスに遭わないために)

インターネットに接続したパソコンには、外部から攻撃の通信が送られてくる場合があります。

こうした不正アクセスをさせないためには、まず外部からの不要な通信を許可しないことが大切です。

そのためには、通信の可否を設定できるファイアウオールを導入し、運用することが重要になります。

最近では、ノートPCなどを外部に持ち出すなどの機会が増えたため、利用者のPCが直接の不正アクセスの対象になっています。

このような被害を防ぐためには、パーソナルファイアウオール(個人で利用するためのファイアウオール製品)を導入することが安全です。ファイアウオールなどによって、権限のない者の通信を防いでいても、権限を悪用されると、不正アクセスされることになってしまいます。そのようなことがないよう、アカウント情報(ID,パスワードなど)の管理を十分に行い、権限を奪われることがないように注意しなければなりません。

その他、不正アクセスをされる原因となる「脆弱性(ぜいじゃくせい):弱点」への対策も必要になります。脆弱性が報告され、修正プログラムが配布されたら、速やかに適用するようにしましょう。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http:// http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/privacy/04.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ