ITノーティス:IT技術者のキャリアパス

情報システムの開発(構築)で、ソフトウエアの開発に従事している人の中に、プログラムを自分で直接造ること(コーディング作業)に生きがいを持っている人が多く居ます。

システム開発は利用(運用)する人のためにニーズや機能を実現する手段であり、環境はどうあるべきか、デザインの方法や手法・技法は何が適しているか、使い勝手をよくするアイデアはないか、検証の手段や品質確保手段をどう設定するか。人手をかけて造る部分を極力少なくする工夫はないか。などなど課題山積です。

マネジャーやデザイナーが圧倒的に不足しているのが現状で、多くのプロジェクトではコーダーレベルの人が設計を行なっているのが実態です。キャリアパスの一環として、プログラミング作業を経験することも必要でしょうが、言われたまま単にプログラムを作る人や、いつまでもコーディング作業にしがみついているのは勿体無い。コーディング作業のIT化(自動化)が進んでいます。キャリアアップしましょう。

人間にしかできないこと、人間に期待されていることが多くあります。そういった事柄(ジョブ)に目を向けましょう。

人としての技術スパンを広げましょう。自身の将来のために!!

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62693357

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:IT技術者のキャリアパス:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ