ITノーティス:一旦確定した工程には重みがある

プロジェクトの進行途中で状況(外的、内的原因を問わず)により工程変更を余儀なくされることが多々ありますが、履歴をキチント残すことが基本です。これは、改定前の工程上で計画していたこと(承認されていた)が漏れなく改定後の工程に取り込まれているか、各イベントの関連やポイント(時期など)の整合性が保たれているか、などの確認や判断を行なうためにも重要なことです。

又、工程の見直しを行った場合、見直した時点では大体オンスケジュールになっているものです。これでひとまず安心はとんでもないことです。何らかの変化点や問題があるから変更するのであって、以降、再度の工程見直しを発生させないよう、より綿密な管理を行なうべきです。及び、変更によって以降の作業に影響(変化)がないかをよく見極めることもお忘れなく。工程変更(見直し)を行なったら、当初あった何かの作業がなくなっていたなんていうことがよくあります。ご注意あれ。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ