説話:無上の風は時を選ばず

私たちの寿命は年齢とは関係なく、いつ死を迎えることになるのか全くわからないことのたとえです。

仏教思想の根本に、「諸行無常(しょぎょうむじょう)」がありますが、この世の中は常に変化し移りゆくものであると説かれています。

「盛者必衰(せいじゃひっすい)」といわれるように盛んであったものはいつかは必ず衰え、かたちあるものは必ず壊れる。

また、「生者必滅(しょうじゃひつめつ)」ともいって、どんな権勢を誇っていても死は万人にやってきます。

だからこそ、「現在を大切に、精進、努力し生きることが大切なのです」と解釈できます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ