説話:往生際

「往生」とは一つの生涯を終えた後に、新しい生涯を始めることを指します。

もともとは仏教用語で、極楽浄土に生まれ変わることを強調した言葉です。一般的には、「往生際が悪い」というように用いられます。

なかなかあきらめないとか、あきらめが悪いことを表すときに使います。

何かの立場や事柄にしがみついていてなかなか離れようとしない様を言う場合に使用します。

本人に自覚があるか無いかは別にして、周りから見た目には見苦しい状態である場合に使われます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ