「無可無不可」とは

"可もなく不可もなし"(かもなくふかもなし)と読みます。
現代では「良くもなく、また悪くもない。まあ普通かなあ」などという意味で使われるのが一般的です。
これは孔子(こうし=儒教の祖、学者であり思想家)の「論語」が出典で、「自分の考えは臨機応変。世の状況や大義を見極めながら判断する。いろんな可能性を持って対処していく」という意思表示の言葉です。
「最初から決めつけずに、中道(執着を離れ、正しい判断をし、行動すること)で向き合う」という意味合いを含んだ奥深い言葉で、チャレンジしてみる前から、「あれは良い、これは悪いと決め付けたり、根拠無き評論は意味が無い」などという戒めの意味もあります。このようなことから、禅の精神を表す言葉の一つとして用いられています。
『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62878329

この記事へのトラックバック一覧です: 「無可無不可」とは:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ