チャレンジに先入観や思い込みはノイズ

新しい事へチャレンジするときには不安も生まれます。

一般的に「私には無理」「自分には向いてない」「どうせうまくいくわけがない」「やるだけムダ」などと思うことが往々にしてあります。いわゆる“ネガティブシンキング”です。
やりたくない自分に都合の良い物差しと、思い込みや憶測でレッテルを貼るためでしょう。やってもみないことを、先入観で決めつけてしまうのはもったいない。せっかくのチャンスを自分から放棄してしまうことにもなります。
最初から悲観的にならず、思い切って挑戦してみることも大切です。自分にはできるはずがないなどと決め付けず、自分の未来への可能性を信じて行なうことが大切です。
仮に上手くいかなくてもチャレンジするなかで、新たな目標などが見つかるかもしれません。

大切なのはポジティブな発想でアグレッシブに活動することです。

そのためには、先入観や思い込みは持たないニュートラルな状態であることが大切です。
『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』より抜粋編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ