ITノーティス:自主管理により工夫する

いつも細かい指示を出して仕事をやらせていたのでは、担当者自身の工夫・改善もあり得ません。

自主管理させることで担当者自ら成長します。モチベーションの向上にもなります。但し、状況を見て相談には乗ってください。何より、担当者自身のスキルアップに繋がる効果が大です。

そのためには、仕事を指示するときには、仕事の内容、担当する機能の説明、目標(期限、数値目標など)、該当する範囲の環境や関連などをきちんと説明し理解させておくことが必要です。

単に作業レベルの指示では工夫・改善も生まれません。仕事を行なう指示と説明は手抜きなく行なうことです。

指示を受けた人は単に聞きましたということで済ませるのではなく疑問点は率直に質問し確実に理解する努力をします。そして、工夫・改善を提言します。

「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/62921628

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:自主管理により工夫する:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ