除夜の鐘

除夜とは除日(じょじつ:1年の最後の日、つまり大晦日)の夜のことで、除には古いものを捨てて新しいものに移るという意味があります。

仏教では、人には百八つの煩悩(欲望、怒り、執着、・・・)があるとされていて、その煩悩を祓うために鐘「梵鐘(ぼんしょう)といいます」をつく回数を百八回としていますが、これにも諸説あり、百八という数値は沢山という意味で、沢山鐘をつくという捉え方もあります。

つく前には鐘に向かって合掌、12月31日中に107回、新しい年(1月1日)に1回というのが一般的です。

<参考:ほとんどの鐘には、回りに突起(「乳(ち)」)が(百八つ)あり、銘の部分には功徳(梵鐘の力)が記載されています。>良いお年を!!

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ