« 説話:一物全体食 | トップページ | 説話:食べ物の陰と陽 »

2016年1月 3日 (日)

説話:一物全体食

生命ある食べ物の全体をそっくり頂く(「全体食」)という意味です。そうすればその中には健康を維持増進してくれる栄養素がすべて含まれていることになります。逆に、食べ物の全体を食べずに、食べやすい部分やおいしいと思う部分しか食べない(「部分食」)場合には必要な栄養素が不足していたり、一部の栄養素だけが過剰になったりするので、「代謝障害」という形の慢性病になるようです。

野菜は皮をむいたり、アク抜き、ゆでこぼしをしたりせずに食べるのが良く、魚は刺身(部分食)よりも小魚を丸ごと食べる(全体食)ほうが身体にいいのです。米は白米より玄米の方が優れています。

仏教においては、食は修行の一環です。

eお坊さんねっと 説話集より

« 説話:一物全体食 | トップページ | 説話:食べ物の陰と陽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 説話:一物全体食:

« 説話:一物全体食 | トップページ | 説話:食べ物の陰と陽 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ