ITノーティス:業務改善(その仕事「減らす」)

その仕事「やめる」からアプローチしたが、どうしてもやめられないものであれば「減らす」ことを考えてみましょう。

仕事と作業は異なります。仕事には目標・目的があります。目標・目的を達成するために行うのが作業です。

作業の量(手段や方法)は、少なくて、短くて、小さいほうがいいのは当然です。つまり余計なことを行えば行うほど不良(事故、トラブル、ミスなど)の発生確率は高くなります。

作業の量を少なくすることで当然コストは下がります。無駄なことを減らすこと、これは大きな改善です。目的・目標と手段(作業)を分離して考えてみましょう。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ